Skip to Navigation

Skip to Content

Array
(
    [_edit_lock] => Array
        (
            [0] => 1510968909:4
        )

    [_edit_last] => Array
        (
            [0] => 4
        )

    [_expiration-date-status] => Array
        (
            [0] => saved
        )

    [stage_keyword] => Array
        (
            [0] => ホリプロ,HORIPRO,ブロードウェイ,ミュージカル,演劇,話題の公演,チケット情報,先行発売,一般購入,公演チケット
        )

    [stage_description] => Array
        (
            [0] => ホリプロが提供するブロードウェイミュージカルや話題の公演など、チケット情報から先行発売・一般購入まで 公演チケット情報サイトです
        )

    [toppage_name] => Array
        (
            [0] => 公演概要
        )

    [mv_story] => Array
        (
            [0] => 非表示
        )

    [mv_cast] => Array
        (
            [0] => 非表示
        )

    [stage_category] => Array
        (
            [0] => plays
        )

    [ticket_price] => Array
        (
            [0] => 

S席 9,500円

サイドシート 7,500円

U-25 5,500円

12月2日(土)より

ホリプロオンライン抽選先行

一般販売

2018年1月13日(土)

) [schedule] => Array ( [0] =>

2018年4月27日(金)

~5月26日(土)

) [theater] => Array ( [0] =>

東京芸術劇場 プレイハウス

) [map1name] => Array ( [0] => 東京芸術劇場 プレイハウス ) [map1] => Array ( [0] => 東京都豊島区西池袋1-8-1 ) [calendar] => Array ( [0] => k5e6s8s8q31d3086dhtijah9ns@group.calendar.google.com ) [_thumbnail_id] => Array ( [0] => 10484 ) [stage_thumbnail] => Array ( [0] => 10485 ) [calendarDate1] => Array ( [0] => 20180401 ) [calendarDate2] => Array ( [0] => 20180531 ) [stage_thumbnail2] => Array ( [0] => 10564 ) )

あの混乱が、ふたたび!

 

2014年、作・演出の三谷幸喜が、
ロバート・ルイス・スティーヴンソン原作小説「ジキル博士とハイド氏」を材に、二重人格者の悲劇を喜劇に仕立てた。

 

舞台は19世紀末のロンドン。ジキル博士が開発した新薬は、人間を善と悪の二つの人格に分ける画期的もので、それを飲めば、邪悪な別人格のハイド氏に変身する、・・・はずだった。学会発表を明日に控え、薬がまったく効かないことに気づいたジキル博士(片岡愛之助)は、追い詰められた末、役者のビクター(藤井隆)にハイドを演じさせ「ふたり一役」の替え玉作戦で乗り切る奇策を打ち出す。しぶしぶ引き受ける羽目になったビクターと替え玉リハーサルをしている最中、ジキル博士の婚約者イヴ(優香)が訪ねてきて鉢合わせしまう。博士の助手プール(迫田孝也)が機転を利かして急場をしのぐが、事態はさらに混乱していく・・・。

三谷幸喜が喜劇作家として原点回帰を図り、コメディの真髄に挑んだ本作品が、片岡愛之助、優香、藤井隆らの初演メンバーが再集結し、2018年春に再演決定!

 

2009年から始まり毎春開催される台湾国際芸術フェスティバル「TIFA」に三谷作品が招聘され、日本・東京公演に先駆けて、台湾・台北國家兩廳院 國家戲劇院(National Theater)で初上演する!!

 

 

主催 フジテレビ/ホリプロ

共催 東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)

 

協力 松竹株式会社

オフィシャルエアライン ANA

企画制作 ホリプロ