Skip to Navigation

Skip to Content

Array
(
    [_edit_lock] => Array
        (
            [0] => 1517303976:4
        )

    [_edit_last] => Array
        (
            [0] => 4
        )

    [_expiration-date-status] => Array
        (
            [0] => saved
        )

    [stage_keyword] => Array
        (
            [0] => ホリプロ,HORIPRO,ブロードウェイ,ミュージカル,演劇,話題の公演,チケット情報,先行発売,一般購入,公演チケット
        )

    [stage_description] => Array
        (
            [0] => ホリプロが提供するブロードウェイミュージカルや話題の公演など、チケット情報から先行発売・一般購入まで 公演チケット情報サイトです
        )

    [toppage_name] => Array
        (
            [0] => 公演概要
        )

    [mv_story] => Array
        (
            [0] => 非表示
        )

    [mv_cast] => Array
        (
            [0] => 非表示
        )

)

愛があれば性別なんて・・・・・・!?
異色の“愛”で大笑い!

※前回公演より

 

南仏サントロペのゲイクラブ「ラ・カージュ・オ・フォール」のオーナーのジョルジュ(鹿賀丈史)と、看板スターの“ザザ”ことアルバン(市村正親)は20年間同棲し、事実上の夫婦として生活してきた。

アルバンはこのところふさぎこんでいて、ショーの出番に遅れることもしばしば。

愚痴をこぼすアルバンとそのご機嫌をとるジョルジュ―いわばふたりは倦怠期なのだ。

ジョルジュには、24年前の過ち(?)から生まれた最愛の息子ジャン・ミッシェル(木村達成)がいるが、アルバンが母親代わりとなって手塩にかけて育ててきた。

そんなある日、ジャン・ミッシェルが突然結婚を宣言。

その結婚相手が、よりにもよってゲイクラブを厳しく取り締まるべきだと主張する政治家ダンドン議員夫妻(今井清隆&森公美子)の娘アンヌ(愛原実花)で、家族揃って挨拶に来ることになったので、さあ一大事!

ジャン・ミッシェルはジョルジュに、一晩だけマトモな家族に見えるよう取り繕ってくれるよう懇願し、そのうえ、ずっと会っていない実の母親を呼んで欲しいと頼みこむ。

それを聞いたアルバンは深く傷つくが、ジョルジュの説得によりジャン・ミッシェルの頼みを受け入れ、叔父として同席するために慣れない“男装”の訓練をするハメに。

ところが、実の母親が急きょ来られなくなってしまい自体はさらに複雑に!アルバンはついに、女装して母親としてダンドン一家と対面することを決意、馴染みのジャクリーヌ(香寿たつき)の店での食事会はひとまず大成功に終わるはずだったのだが…。

晩餐会の写真

※前回公演より

男二人の夫婦愛と一人息子への愛情が、爆笑また爆笑を誘い、〈愛〉の尊さ、温かさを見事に描く傑作ミュージカル。