Skip to Navigation

Skip to Content

2018.8.16 【連載】『生きる』舞台裏密着レポート ~第二回 クリエイターズインタビュー 脚本&歌詞:高橋知伽江~

生きる

第二回 クリエイターズインタビュー
脚本&歌詞:高橋知伽江

今年10月に上演のオリジナルミュージカル『生きる』の舞台裏に迫る連載、第2回。
今回は脚本と歌詞を手がける高橋知伽江さんに、お話しを伺いました。

脚本・歌詞 高橋知伽江

脚本&歌詞 高橋知伽江

Chikae Takahashi

東京外国語大学ロシア語学科卒業。劇団四季の勤務を経て、フリーランスでミュージカル台本の執筆、翻訳、訳詞などを手がける。2013年4月~2017年3月、水戸芸術館演劇部門芸術監督。日本劇作家協会会員。第4回小田島雄志・翻訳戯曲賞受賞(ノエル・カワード作『出番を待ちながら』、『秘密はうたう』)。第23回読売演劇大賞優秀スタッフ賞受賞(劇団四季『アラジン』訳詞)。舞台だけでなく、『アナと雪の女王』、実写版『美女と野獣』などディズニー映画の訳詞も担当。最近は、『手紙』(原作:東野圭吾、今秋、上海でも上演)、『DAY ZERO』など、オリジナルミュージカル創作に意欲的に取り組んでいる。

少しも古くなっていない、普遍的な作品

-初めて『生きる』がミュージカル化すると聞いたとき、どう思われましたか?
プロデューサーからお電話をいただいた時は、なんて大胆なことを考えるのかと驚きました。
黒澤明監督といえば、映画の神様のように崇拝するファンが多いと思います。その名作中の名作をミュージカルにしようという発想があまりにも斬新で、電話でお話しながら見上げた空の色が今も目にやきついています。それくらい、衝撃的な企画でした。
-映画「生きる」にはどんな印象をお持ちでしたか?
最初に見たのは若い時でしたので、雪がふりしきるラストシーンだけが強く印象にのこっていました。
今回、見直してみて、少しも古くなっていないことにとても驚き、それだけ普遍的な作品なのだとあらためて痛感しました。
―脚本を執筆される際、まずは何から始めますか?
普通はラストシーンをどうするか決めて、そこから逆算して考えていきます。
今回はラストについてはあまり悩まず、むしろ寡黙な主人公の心を伝えていくために、どうすればいいかを一番考えたように思います。
―作詞が一番難しかったナンバーはどんなナンバーですか?理由もお聞かせください。
今回はすべて曲が先にあって、それに歌詞をいれるスタイルでした。
ジェイソン・ハウランドさんの曲はどれも魅力的で、作詞はむずかしいけれど楽しかったです。一番むずかしかったのは(小田切)トヨのソロナンバーでしょうか。テンポがかなり速いことと、歌詞のユーモアをちゃんと伝えなくてはならないのがむずかしくて……まだ開幕まで努力を続けます。

▼小田切トヨのナンバー「ワクワクを探そう」

主人公・渡辺勘治の職場の部下・小田切トヨ役はMay’nと唯月ふうかがダブルキャストで演じる。
動画は4月に行われた制作発表の様子。現在も歌詞の打ち合わせは続いている。

オリジナルミュージカル作りは
地図のない旅をするような作業です

―作詞・訳詞される上で、それぞれ最も大切にされていることは何ですか?
あたりまえのことですが、作詞でも訳詞でも、聞き取りやすい言葉を使うように心がけています。
また、歌の前後にあるセリフと違和感が生じないように、あまり「詩」になりすぎないようにしています。ただ、一方で、歌詞も「詩」なので、心に響く比喩や表現を選ぶようにしています。
―オリジナルミュージカルを作る一番の醍醐味はどんなところですか?また、一番大変なことは何ですか?
海外のミュージカルを翻訳するとき、文化や言語の構造の違いから、どうがんばっても十分に訳しきれない部分がでてきてしまいます。訳詞はとくに原詞の7割くらいの内容しかメロディーにのせることができません。長年、言語の違いからくるストレスを抱えてきているので、最初から日本語で考えて、日本語で書けるオリジナルミュージカルの創作に参加できるのはとてもとてもうれしいことです。
オリジナルミュージカルの場合、海外作品の翻訳上演と違って、完成形を誰も知らないので、到達目標がわからないままに旅をするような作業となります。今回は本当に恵まれたことに、作曲家も演出家もプロデューサーも、その地図のない旅を一緒に歩いて、たくさん力を貸してくださっています。おかげさまで、試行錯誤はありながらも、着々と旅を続けることができています。感謝しています。

脚本は現段階で第六稿にも及ぶ。

「ワクワクを探そう」をはじめとするその他の楽曲の解説はこちらからお読みいただけます。

次回は8月16日(木)更新予定です。お楽しみに!


HORIPRO ONLINE TICKET CHANNEL|ホリプロオンラインチケットチャンネル

TODAYS SCHEDULE|本日の公演スケジュール 当日券情報

2018年11月15日(木)公演情報

本日の公演はございません。

 


  • お得なスペシャルチケット

MAIL MAGAZINE|公演情報メールマガジン

最新・限定情報など、オトクなニュースをお届けします!

  • 会員登録はこちら
  • 登録情報変更
  • 登録削除
  • ホリプロオンラインチケット